新譜レビュー

Billie Joe Armstrong(Green Day) 『No Fun Mondays』レビュー 11/27リリース

グリーン・デイビリーのソロカバーアルバム。

素晴らしい、素晴らしい×13
何が素晴らしいって、ジョン・レノンの曲(11)とジョニー・サンダースの曲(7)以外1曲も知らない。
しかも全曲最高。
向こうでは知らないですけど、日本ではあまり知られてない曲が多いと思います。
ビートルズの初期のカバーがほとんど知られてない黒人のシングルのB面ばかりだったことを思い出せてくれます。
センス良すぎるでしょ。


才能ある音楽家、特に作曲家は良い耳をしていて、「良い曲」を聞き分ける能力を持っています。
それは歌ってる人とか、年代とか、有名とか、無名とか関係なくて、ただ単純に「良い曲」なんです。
作曲家はある種、良い曲ハンター的なとこがあって、意識的か無意識的に作曲した曲が似てきたりしてしまいます。
だから多少は似てても見逃してあげてください。

このローリングストーン誌のレビュー読めばバッチリです
グリーン・デイのビリー・ジョーが選んだ「ロックの名曲14曲」を解説
やっぱりジェネレーションXの影響が相当デカいんだろーなぁ。

読んだ限り、向こうではヒットはしたけれどあまり歴史には残ってない、一発屋的な曲が結構多いっぽいですね。
いやーわかるわ~。
J-POPでも一発屋の名曲沢山ありますもんね。
そういう曲が侮れなかったりするんですよ。

ビリーのメロディセンスもそういう子供の頃に聞いてきたチャートの曲の影響が大きいんでしょうね。