新譜レビュー

宮本浩次 11/18 アルバム「ROMANCE] レビュー

 

宮本さんのアルバムがビルボードオリコンのそれぞれでアルバムランク1位に。バンド、ソロを通じて自身初のことなのだそう。

おめでとうございます。
えー、エレカシって1位とった事無いんだ!?
宮本さん的にソロカバーで初めての1位ってどうなんですかね?(笑)
複雑な心境なのか、でも今の宮本さんの感じだと素直に喜んでそうですね。

最近宮本さんの昔のインタビュー集を買いました。

これ読んでると30年後にソロで女性歌手のカバーアルバムで1位取るって予想できた人は1人もいないと思います。
多分本人が1番予想してないと思いますが(笑)

この頃の宮本さんだったらそういう行為は「しゃらくせえ」と一蹴してたんじゃないせでしょうか?(笑)
でもいいんです。人は変わるんです。

さてアルバムですが、まず重要なのはプロデューサーが小林武史
アルバムLIFE以来ですかね?

まあポップにいこうと思えば小林さんに依頼するんでしょうね。
間違いなく良い感じにまとめてくれるというか。

あとは女性歌手のカバーって事ですか。
男精神の権化みたいなエレカシですが(笑)意外と多分宮本さんって女々しい部分もあると思うんですよね。
インタビュー読んでるとわかります。
そこの所が出たんじゃないかと思います。

メロディということでいうと、異邦人とか喝采のサビとか非常にエレカシらしい。
コード進行も含めて。
子供の頃聞いてた影響ですかね?

結局エレカシってなんなのかっていうと、歌謡+フォーク+ツェッペリンって事なんじゃないかと思います。
そんなバンド他にいませんからね(多分)

ウーム、初回限定の弾き語りは聞きたいなぁ~
流石にそこまでサブスクはだしてくれないっすよね~
というか僕的には全部弾き語りでいいです(笑)

この化粧は素晴らしい。(すぐ消されるかも)
あーみゆき本人のがすげー聞きてぇ~
サブスク解禁してくれ~


最後に非常に個人的な勝手な想いを書いていいですか?(笑)
ソロはもういいから、4人だけのエレファントカシマシのロックを聞きたいです。