弾いてみた

ミッシェル ハイ!チャイナ! 弾いてみた

ハイ!チャイナ!です。


凄いタイトルですね。
ベスト盤をよく聞いていてそれに入ってたんで想い出深いです。

とんでもないヘビーブルースです。
こんな音楽をやる日本人が出てくるなんて、30年前はみんな思いもしなかったんでしょうね。
狂乱のブルースです。
ハープも完璧。

いつもの様に分厚すぎるコードリフ
A→C→D→GD→F→G→Cです

2つ目のDパートですが、迷った末FとGは2,3弦で弾くことにしました。
ローコードのDをずらした形ですね。
なんかこれが1番弾きやすかったです。場所が近いんで。

ミッシェルの中ではまだスピードは遅い方ですかね。

ソロはいつものようにダブルチョーキングで押しまくるやつです。
今の所全部このパターンですね(笑)
まあこれが一番気持ちいいんでしょう。

ミッシェルは音楽としては正統派なんですよね。
対してブランキーは異端です(笑)まともな所が無い。

共通点は超攻撃的って所ですね。

ミッシェルをもっと弾き込んで、もっと理解していきたいと思います。