弾いてみた

ブランキー SEA SIDE JET CITY 弾いてみた

SEA SIDE JET CITYです。


後期のシングルです。
ラストダンス版です。
ロメオと同じ手法で、ライブにスタジオのギターを合わせました。
スタジオの面白くて派手な部分を選んで組み合わせてます。
ライブ盤の1番最後にスタジオの最初のギターソロを入れたりしてます。
ある種リミックスみたいなもんですかね。

イントロのA7→D7のD7をどう弾いてるか?というのは
数々のギタリスト達を悩ませて来ました。

スコアにはこんな謎な押さえ方が載ってました。

いや、何この押さえ方、、
指つるって!!
なんか現実的じゃないので、僕はスコアの押さえ方の1弦は押さえずに開放で鳴らしてます。
Dに対して2弦開放(B)と1弦開放(E)を同時に鳴らしてるので
D7(6,9)という事になるんですかね。
こればっかりは浅井さんに聞いてみないとわかりません。
ただ歌いながらあのスコアの押さえ方はやってられないので、
ライブでは恐らくやってないと思います。

ギターソロの組み合わせを非常に悩みまして、
最初のギターソロは一瞬だけスタジオ版を弾いて(SEA SIDE JET CITY♪の所)
後はライブ版のをそのまま弾いてます。
全部スタジオのソロのだとうまく合わなかったので。

2回目のギターソロ(2:50)はスタジオ版の1回目のギターソロの途中から弾いてます。
あそこの部分がメチャクチャ面白かったので絶対混ぜたかったんです。
実はあれミスってるんですけど、カッコイイミスり方だったのでそのまま採用しました(笑)
スタジオ版をスローで何回も聞き直しましたが、ついにどう弾いてるか分かりませんでした。
ホントにブランキーは謎が多すぎるぜ、、