弾いてみた

ブランキー John Lennon 弾いてみた

John Lennonです。


ジョン・レノン、イギリスでポップアップのTVチャンネルが立ち上げ ...

つまりは僕が死ぬほど好きなお人です。
僕は生粋のビートルズオタクでして。
この前ジョンとヨーコの展覧会にも行ってきましたよ。
あの二人は単純に変人の似たもの同士で結婚したんだなって思いました(笑)
ホントにただそれだけのことです。
今年の夏にビートルズの新しい「GET BACK SESSION」が公開されるそうです。
余りにも楽しみすぎます。

この曲には1番好きな歌詞の1つである、
音楽って不思議だよ 全てが見えるその人が
っていうフレーズが入ってます。
つまりは、やってる音楽=その人、な訳です。
音楽はウソつけないんですね。

ジョン・レノンっていう人は「愛と平和の人」ってイメージがありますけど、
惜しいです。
実際は「愛と平和を求め続けた人」です。
人生に愛と平和が無かったんで音楽を使ってなんとかしようと頑張ったんですね。
非常に共感してしまいます。

照井さんがなんかのテレビのインタビューで「一番好きな人はジョン・レノン」みたいな事を言ってたみたいですね。
それで浅井さんが「ジョン・レノンはいいなぁ」って続けてました。

さて音楽の話ですが、イントロはキュアーBOYS DON‘T CRYに似てますね。


浅井さんキュアーBOYS DON‘T CRY(アルバム)をフェイバリットに挙げてました。
それをブランキー流にアレンジしたって感じですね。
ブランキーの象徴である1、2弦同時鳴らしのEも出てきますし。

アコギパートのイントロですが
E→F#m→G#m→Aのコード進行を全部1、2弦開放で弾いてます。
非常に美しい響きです。
ホントはイントロだけかもしれないんですけど、
この響きが大好きなんで、僕は全編これで弾いてます(笑)
コードは私の好みで勝手にアレンジすることがありますのでご了承を、、

ギターソロが大好きなんです。
なんか光り輝いてるソロですよね。
ほぼ和音ですが、そういえばジョンもギターソロを取る時はほぼ和音で弾きます。
この二人なんか似てる気がします。
ジョンにブランキーを聴いて欲しかったと心底思います。
100%絶賛してたと思います。
ジョンはこういう原始的なロックが大好きなんです。

ジョンブランキーの話が同時に出来るという最高の曲でした!