弾いてみた

ブランキー フレッシュ 弾いてみた

フレッシュです。


白盤に入ってる未発表曲ですね。
こんなんあったらもっと何でもいいから出してくれ、、
明るさ暗さが混じってますね。
ブランキーらしいです。

さてコード進行は相変わらず変態ですね。
自然に作ったらこうなっちゃうのかなぁ?
ホントに不思議です。

YouTubeのコミュニティでベンジーで一番魅力を感じるのはどこ
っていうアンケートをやったらギターが一位でした。
弾いてみたをやってるものとしては喜ばしい限りです。
でも実は僕はメロディなんです。
つまりは作曲能力ですね。
こういう曲でそれを強く感じます。
作曲家としても天才なんですよ。

ソロはユニゾンチョーキングの嵐です。
初めてこの言葉知りました。
そういえばこのチョーキングなんて言えばいいんだ?
と思って調べました。
1つ勉強になりました。
ベンジーはこれ大好きですよね。
あらゆる曲に出てきます。

あとは色んな種類の音が入ってますね。
イントロはお得意のトレモロ。
その後中途半端なタイミングでいきなりコード3連譜で降りてきます。
このトレモロのイントロの意味はなんだったのだろうか。。
コードはクランチで、ソロはディストーション。
サビアルペジオは軽いディストーです。
ブランキーは荒っぽいように見えて音作りが繊細ですね。
ここが陥りやすい罠です。
最後はギュイーンで締めてます。
ああ、またなんていう名前か忘れた。。