弾いてみた

ブランキー COME ON 弾いてみた

COME ONです。


最後アルバム、HARLEM JETSの最後の曲です。

前回PURPLE JELLYを弾いたんですけど、その歌詞に出てくる「サル」がこの歌にも出てくるんですね。
「あのサルは今、きっと天国」っていう。
最後に繋げてくるのシャレてますよね~
PURPLE JELLYのコメントでそのことを言ってくれた方がいて「あ、そういえばそうだな~」と、続けてやったらいいんじゃないかと思いました。
結構コメントにヒントを貰ってるんですよ。
気づかされる事もたくさんあるし。
「正義がしたいこの街のため」のっていうのはBLANKEY JET CITYの事なんですかね。

音は後期ならではのかなり歪んだ音です。
初期はホントにクリーンなんですよ~。

この曲は簡単なんだけど難しいっていうよくあるパターンです。
練習でリラックスして弾く分には簡単なんですけど、
「ミスってはいけない」という条件が付くと途端に難曲に早変わりします。
「笑ってはいけない」の音楽版です。
逆に難しい曲だと何故か本番ですんなり弾けることもあります。
「音楽って~ 不思議だよ~」

ギターソロはフリーキーですね。
フリーキースタイルです(レッチリ
こういう、音階から外れたソロは前から沢山弾いてましたけど、
またなんか違う外し方なんですよね。
この域まで達してしまったかって感じです。

後はオクターブ奏法のお手本みたいな感じです。
「裏メロオクターブはこう弾くべし!」みたいな。

最後にこういう前向きなロックンロールで締めるのは非常にブランキーらしくて良いな思います!